お問い合わせ

妙福寺PRESS:妙福寺から日々のつぶやきやニュースをお届けします

妙福寺トップページ  >   妙福寺PRESS  >  住職日記  >  年末に想う新年への心構え

住職日記

2015/12/01

年末に想う新年への心構え

「袖擦り合うも他生の縁」

今でも一般的に使われている故事です。

しかし、この例え「袖振り合うも多生の縁」と書き表すのが、実は正解のようです。

「他生」や「多生」を「多少」と書くこともあります。

 

少しややこしいのですが、袖が出てくるのは共通しています。

袖を「振り合う」か「擦り合う」かは、さほど重要ではありません。

道で初めて会ったお互い知らない人であっても、互いに袖を触れ合う様な些細な事であっても、それなりの縁があるものだ、というのがこの例えの意味するところです。

仏教の考え方によれば「他生の縁」とは、すなわち“今生”でない、過去や未来の縁という事になります。

他人同士の偶然の触れ合いも、前の世から今の世を経て、そして後の世に至るまで三世の深い縁が生じるのだ、というものです。

これが「多生の縁」と書くと、少々おもむきが異なります。

「多生」は文字通り、多く生まれることですから、輪廻転生というインド古来の思想につながる言葉になるわけです。〝いのち〟あるものは生まれ変わる、という信仰にもとづき、思いがけない人と人との出会いは、輪廻転生のほんの一コマ、ということになるのです。

前世や来世をどのように捉えるかは別としても、私達は一期一会の出会いを大切にしなければならない、というのが要点になります。

仏教には「縁起」という大切な教えがあります。

これは一般に使われる「縁起が良い悪い」といった話ではなく、私たちを含め全ての存在は互いに影響を与えながら、支え合って存在している、という意味です。

人と人の関係も単なる偶然だと捉えるのではなく、すべて深い関係性によって起こり、また新たな縁を生んでいくものだから、どんな出会いも大切にしなくてはいけないと考えます。

今年出会った方々へ感謝の気持ちを持ち、また来年は、これから出会うであろう方々との出会いを大切に、日々を酔生夢死に過ごさないよう努める。

この様な気持ちで新年を迎えて頂けたらと思います。

住職日記Comments(0)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

*

code

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

バックナンバー

RSS Feed

Twitter

スクリーンショット 2022-09-29 19.27.18

妙福寺おすすめ本

『良薬ナル読書ハ百ノ医薬二勝ル』

レビューを読む