妙福寺PRESS:妙福寺から日々のつぶやきやニュースをお届けします

妙福寺トップページ  >   妙福寺PRESS  >  住職日記  >  第1回大黒屋SANGAKUおわり。

住職日記

2012/07/21

第1回大黒屋SANGAKUおわり。

7月7日〜8日に山梨県甲州市にあるカレー屋さん、大黒屋サンガムを中心に開催した第1回大黒屋SANGAKUプロジェクト。

のべ7名の参加者と楽しい時間を過ごす事が出来、思い出深いイベントとなりました。

寺子屋ブッダでご一緒させて頂いているMariさんと2人で講師を担当。

Mariさんのヨガクラスと私の法話・仏教体験クラスで構成された2日間は、なかなか濃厚な感じに仕上がりました。

偶然にも七夕に開催となったので、1日目のテーマは「願う」にしました。

 

仏教も七夕でも「願う」というのは、とても大切な行為です。

仏教では、その願うという行為を「誓願」と言いますが、これは神仏に何かお願い事をするだけではなく、目標として誓いを立て、そこに向けて努力するというのが本来の意味です。

そんな話をして、今年の七夕は誓いを立てる日にしてもらいました。

 

2日目は参加者と一緒に「法華経方便品第二」を読経し、お経を読むという体験をしてもらいました。

方便品は法華経28章の中核を成す教えです。
その中身と、読経をするという行為の話をさせて頂き、無事全行程を終える事が出来ました。

過去2回のリトリートはお寺で開催させて頂きましたが、場所を移動してのリトリートも中々良いものですね。

 

大黒屋サンガムさんの美味しいカレーと料理。甲州市周辺の温泉。山に囲まれた自然溢れる環境。そして楽しい仲間達。

得難い物を頂いた感じがします。

SANGAKUさん、また誘って下さい!!

◎アルバムはこちら

住職日記Comments(0)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

RSS Feed

Twitter