お問い合わせ

妙福寺PRESS:妙福寺から日々のつぶやきやニュースをお届けします

妙福寺トップページ  >   妙福寺PRESS  >  妙福寺あれこれ  >  今月の聖語(平成23年10月)

妙福寺あれこれ

2011/10/01

今月の聖語(平成23年10月)

地涌千界の菩薩は、
己心の釈尊の眷属なり。

『観心本尊抄』/文永10年(1273年 52歳) 

すべての人々が仏と成れると説かれた日蓮聖人は、弘安5年(1282)10月13日に、ご命日を迎えられました。聖人がお亡くなりになった時、その旅立ちを荘厳するように、季節はずれの桜の花が満開となりました。

この故事によって、多くの寺院では、桜の造花を飾って「お会式」という法要が勤められます。当山でも11月2日にお会式法要が執り行われます。

地涌千界の菩薩は己心の釈尊の眷属なり。”この聖語は、私たち一人ひとりの中に、内なる釈尊つまり「仏様」がおられると説かれています。

しかし、この「仏」は、なかなか現れません。余計なものに隠されているのです。

そこで聖人は、邪魔を除いて「仏」を咲かせるのが、お題目の信仰であると示されたのです。そして本書は、私たちが、心に花を咲かせるような信心を立て、内に仏を感じ取れば、外に地涌の菩薩のご守護が現れると結ばれています。

妙福寺あれこれComments(0)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

*

code

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

バックナンバー

RSS Feed

Twitter

31wfQiyFyHL._SX353_BO1,204,203,200_

妙福寺おすすめ本

『えーえんとくちから』

笹井宏之

レビューを読む