お問い合わせ

妙福寺PRESS:妙福寺から日々のつぶやきやニュースをお届けします

妙福寺トップページ  >   妙福寺PRESS  >  妙福寺おすすめ本  >  【月とコーヒー】 吉田 篤弘 徳間書店

妙福寺おすすめ本

2021/01/16

【月とコーヒー】 吉田 篤弘 徳間書店

子供と一緒にベッドに入り、今日あった事や明日やりたい事をとりとめもなく話していると、いつしか寝息が聞こえてきます。
それからベッドサイドのスタンドをつけます。手元がギリギリ照らせる程の光量が大切です。
寝静まった子供の横で毎日楽しみに1話ずつ読んでいるのが、吉田篤弘さん『月とコーヒー』。
24篇のとっておきの話です。
結論があるようなないような。
 
あれ?もう終わりかな?といった感じで話が終わっていきます。
なんとなく夢心地のまま本を閉じると、その後のストーリーを夢想しながら寝落ちが出来ます。至福の時間ではないでしょうか。
 
お気に入りは「三人の年老いた泥棒」
素敵な結末に胸の奥をフワッと逆なでられ、そして夢の中に言葉が消えていきます。
私たちは、みな泥棒なのかもしれないですね。
 
月とコーヒー (文芸書)   吉田 篤弘 

妙福寺おすすめ本Comments(0)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

*

code

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

バックナンバー

RSS Feed

Twitter

107895

妙福寺おすすめ本

【あんなに あんなに】著/ヨシタケ シンスケ

レビューを読む