妙福寺PRESS:妙福寺から日々のつぶやきやニュースをお届けします

妙福寺トップページ  >   妙福寺PRESS  >  妙福寺あれこれ  >  戌年の抱負

妙福寺あれこれ

2018/02/03

戌年の抱負

「恩活はじめる。」
 
戌は社会性の象徴であると言われます。
年男の今年は、周りの方々を大切にするという事を意識していきたいと思います。
 
犬は組織を作って、モノゴトをチームで成し遂げていきます。
チームにおいて大切なことは信頼関係です。
しかし、信頼関係は一朝一夕で築き上げる事は出来ません。
それは日々のなかで、お互いに「小さなありがとう」を積み上げる事ではないかと思います。
 
日蓮聖人が大切にされた言葉に『知恩報恩』という言葉があります。
私はこの言葉を「頂いている恩に気づく(知恩)」そして「自分も誰かに恩を送る(報恩)」という意味に解釈しています。
もちろん「恩」を頂いた方へ感謝をもって「恩返し」をすることは当然です。
しかしそこで止めてしまわずに、今度は自分の出来る形で第三者へ「恩を送る」事がとても大切だと考えます。
「恩」を自覚したら、「恩」を送って「恩の循環」をする。
この「ありがとうサイクル」は今の社会とって大変重要ではないでしょうか。
 
私自身、昨年も大変多くの方々にご恩を頂きました。
この頂いたご恩を噛み締め、今年は私の出来る形で社会へ恩を還元していきたいと思います。
そして、なるべく多くの「ありがとう」を言い、なるべく多くの「ありがとう」を聞ける年になれば良いなと願っています。
 
皆さまも私と一緒に温活はじめましょう。
自分の“感謝スイッチ”をON(恩)にすると、人間関係もきっとON(温)になりますよ。

妙福寺あれこれComments(0)

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>